ヨガの8支則とは

ヨガ用語・ヨガポーズ大辞典

プロフィール

ヨガ

【筆者】yogini

【職業】ヨガインストラクター

おすすめヨガ本

Sponsored Link

ヨガの8支則とは

日本ではフィットネス的な要素に
フォーカスがあたっているヨガですが・・・

「ポーズをとること」がヨガなのではなく
本来、ヨガとは次にあげる8支則を
実際に行うプロセスにおいて、
人間が本来持っている肉体や精神、
そして、霊性の質や能力が高くなり、
バランスをもたらすものなのです。

それによって心身ともに健康になり
その人自身の生き方に大きな実りをもたらします。

ヨガの8支則は
瞑想に関する経典「ヨーガスートラ」に書かれた
8つの守るべき規則というとらえ方もありますし
「三昧(サマディ)」に達するための
8段階の道筋=自己実現を叶えるために踏むステップである
というとらえ方もあります。

1.ヤマ(禁戒)

2.ニヤマ(勧戒)

3.アサナ(坐法)

4.プラナヤマ(調気法)

5.プラティヤハーラ(制感)

6.ダラーナ(集中)
 
7.ディヤーナ(無心)

8.サマディ(三昧)


の8つをヨガの8支則。

8支則のことをまとめてサンスクリット語でアシュタンガと言います。
この8支則は現代様々に枝分かれしたヨガの流派に関係なく
根底にあるものです。

最初の2つ、ヤマとニヤマは基本的に世界に共通する道徳や倫理、
3つ目はヨガのポーズ、4つ目は呼吸法。
5〜8の4つははじめの4つができて
やっと入れると言われる自分の内面的なことに働きかける段階です。
この8支則の教えは自分と向き合い、
本当になりたい自分へと導いてくれます。

現在の日本で一般的に「ヨガ」というと
スタジオで体を動かすことにフォーカスがあたっていますが
それはこのアシュタンガの中の

3.アサナ 
4.プラナヤマ 

の練習を行っているということになります。
Sponsored Link